校歌

豊岡實業學校々歌

作詞千葉胤明先生
作曲平野主水先生

(1)
靈峰遠く消えゆきて   タ陽うつる入間川
古岸に人の影はなく   晩鐘風に響くとき
山藍の譽れ胸に湧く   學徒の窓に灯は一ッ
燃ゆる心の喜びを    迎ふか空に二十日月
(2)
壯心光り輝けば     培ふ大地の香は優り
皇恩胸に極れば     感激の裡力あり
時しも昭和七年の    秋空澄める霜月に
宮の臺臨畏みて     校輝は榮ゆる永久に
(3)
青空高く春浅し     若草萠ゆる丘の上
希望は深き若人が    時世の流れよそにして
ゆかしく結ぶ友垣と   歴史も清き豐岡の
高き校風護りつゝ    學の路を一筋に
(4)
ここ淸流の片ほとり   朝夕の別ちなく
夏炎天の田の水に    冬烈霜の畑に立ち
共とも落す汗膩     絞るも嬉し國の爲め
雄々しき男子の意氣氣魄 磨き研かなん鋤鍬を
(5)
群羊守る友あれば    若木を植うる吾が姿
風に濁世の塵棄てゝ   夢に榮利の影もなし
誠を人の道として    眞理に正邪の雲拂ひ
耕す人も刈る者も    樂しい母校に今日一日
(6)
友と理想を語りつゝ   學びてうれし豐岡は
産業豐土地肥えて    知るや狹山の綠茶を
畑に土の香をかげば   五穀みのリの兆あリ
桑の葉際に彳むに    養蠶を飼ふ人の數あまた
(7)
あゝ武蔵野に咲く花の  香りてゆかし豐岡に
結ぶは五年の春や秋   勉めはたすは誰ならむ
人生意氣に生くるこそ  大和男の子の誇りなれ
揮く御國の光りをば   仰ぎ進まん諸共に

普通科移行当時の校歌

作詞千葉胤明先生
作曲平野主水先生

(1)
霊峰遠く消えゆきて   タ陽うつる入間川
古岸に人の影はなく   晩鐘風に響くとき
出監の誉胸に湧く    学徒の窓に灯は一つ
燃ゆる心の喜びを    迎ふか空に二十日月
(3)
青空高く春浅し     若草萠ゆる丘の上
希望は深き若人が    時世の流れよそにして
ゆかしく結ぶ友垣と   歴史も清き豊岡の
高き校風護りつゝ    学の路を一筋に
(5)
群羊守る友あれば    若木を植うる吾が姿
風に濁世の塵棄てゝ   夢に栄利の影もなし
誠を人の道として    真理に正邪の雲払ひ
耕す人も刈る者も    楽しい母校に今日一日
(7)
あゝ武蔵野に咲く花の  香りてゆかし豊岡に
結ぶは三年の春や秋   勉めはたすは誰ならむ
人生意気に生くるこそ  若き学徒の誇りなれ
揮く御国の光りをば   仰ぎ進まん諸共に

(2, 4, 6 省略)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする